京都市の世界遺産・東寺の観光トイレに 弊社の特殊プリントが採用されました!

京都市南区の世界遺産・東寺に、伝統的社寺建築様式の『観光トイレ』が完成しました。

世界遺産にふさわしく宮大工の技を駆使した入母屋造りの瓦ぶき、京都産のヒノキを使ったの立派な観光トイレです。

老朽化が進んだ観光トイレを取り壊し、2023年の真言宗立教開宗1200年の記念事業として、総工費約1億5千万円をかけ建設されました。

内部には東寺にまつわる逸話を京都市内の大学生らが描いた「平成東寺伝説絵巻」の大型パネルが掲げられ、四ヶ国語に翻訳された説明パネルもあり、訪れた人々の話題になっています。

弊社の大型特殊アートプリントとその出力技術、および表具の施工能力が評価され、アートギャラリーのパネル制作担当として参加させていただきました。

寺社へのにぎわいをプロデュースするプロダクトファーム株式会社の企画・監理のもと、テストを繰り返した結果、納得のできる仕上がりとなりました。

ぜひ一度、機会がございましたらご覧になってください。

マスコミ各社も話題のNewsに!

新聞・TV・Net配信など各社に挙って取り上げられました。

珍しいトイレ内のアートギャラリー!

現地での表具施工も弊社が実施しました!

パネル枠取付後の施工条件の中、ミリ単位の精度と、より高い長期の保存が必要であり 弊社の特殊壁紙表具職人が担当しました。

竣工式にも参加しました!

令和元年4月15日、青空の中で厳かに竣工式が執り行われました。

Follow me!